花弁状色素斑の原因や解消法が知りたい!

花弁状色素斑のシミ

スキンケアに熱心な方はお顔のケアを欠かしませんね。しかし、もちろんシミが出来るのは顔だけではありません。紫外線に晒される機会があれば、その場所にももちろんシミが出来てしまうのです。 肌質や環境によっては、「花弁状色素斑」というシミが出来てしまっている可能性もありえます。

花弁状色素斑とは、強烈な紫外線を受けた後数ヶ月から数年で現れるシミです。花弁が散ったかのような見た目から名付けられたもので、背中やデコルテ、肩など、自分ではなかなか確認が出来ないような場所に出来るのが特徴です。

元々が色白なタイプで、日焼けによって赤くなってしまう方に発生しやすいと言われています。夏場でも日焼け止めをこまめに塗る習慣が無い方、ソバカスのある方、また、日常生活ではあまり紫外線に晒される事のない方も花弁状色素斑の出来やすい体質だと考えておいて下さい。

逆に、元々色黒で日に焼けると赤くならずすぐに黒くなってしまう方は花弁状色素斑のできにくい体質であると言われています。花弁状色素斑の原因は強烈な紫外線です。普段は衣類に隠れている場所でも、 リゾートやアウトドア、海水浴など、肌の露出と紫外線からのダメージが増えるに従ってリスクが高まります。

予防策としては、とにかく紫外線からのダメージを最小現に押さえるようケアする事がポイントです。 とくに、夏場の強烈な日差しを避けこまめに日焼け止めクリームを塗り直すよう心がけて下さい。 また、美白化粧品を使ったシミケアも予防に効果的です。

もしも既に花弁状色素斑ができてしまっているのであれば、その深刻度でケアの手段を選択して下さい。 もしもまだ発症して間もないシミなのであれば、市販されている美白化粧品でも効果が期待できます。

配合成分をチェックし、ビタミンC、ハイドロキノン、リノール酸などの含まれている化粧品でケアしましょう。しかし、シミの進行が進んでいる場合は美白化粧品でのケアで解決する事ができません。

シミの発症からすでにずいぶんと経っている、または色が濃く深刻であると判断できるのであれば、 皮膚科での治療(レーザー治療など)を受ける事をオススメします。

↑ PAGE TOP