脂漏性角化症の原因や解消法とは?

脂漏性角化症のシミ

美容に熱心な女性であっても、自身を悩ませるシミの原因を理解しないまま間違ったケアをしている事はよくあります。シミといえば、紫外線!というイメージも強く、とにかく紫外線対策を行っていれば シミは予防・対策できると考える方は少なくないのではないでしょうか?

しかし、一口に「シミ」といってもその種類は様々です。正しい原因をしり、適切なケアを行う事で、スムーズに悩みを解決させましょう。

ここでは、「脂漏性角化症」というシミについて説明します。

脂漏性角化症とは、皮膚に出来る良性の腫瘍の事を指します。出来る場所は身体の足の裏以外の全ての場所で、よく見られるのはお顔・頭、また背中やデコルテの部分であると言われています。脂漏性角化症の大きさは様々で、小さなものは数ミリ程度から大きいものは数センチにもなります。

ケースによって、痒みのあるものもあるようです。なぜ脂漏性角化症ができてしまうのか。その元となる原因は老人性色素斑の放置です。老人性色素斑とは、女性を悩ませるシミの中でも最もメジャーな紫外線によるシミの事を指します。

この老人性色素斑をそのまま放っておくと、皮膚の表面が盛り上がってきてほくろのような見た目になってくるのです。見た目は、ほくろや悪性黒色腫と大変良く似ています。

腫瘍といっても脂漏性角化症は良性の腫瘍ですので、そのままにしておく事で重たい病気に繋がってしまう訳ではありません。必ずしも取る必要がある訳ではないのですが、しかしシミですので、出来る事ならキレイに消えて欲しいものですよね。

脂漏性角化症になってしまったシミは自己流のケアで解決する事は難しいので、皮膚科でのレーザーによる治療や液体窒素による治療をお勧めします。また、脂漏性角化症の発生を食い止める予防法はそもそも老人性色素斑を作らない・悪化させない事が重要です。

紫外線によるダメージからお肌を守るなど、基本的なスキンケアを継続する事が重要でしょう。

↑ PAGE TOP