炎症性色素沈着を防ぐには?

炎症性色素沈着のシミ

シミに悩む多くの女性は、そのシミの根本的な原因を理解しないままケアを行っています。「シミ=紫外線」というイメージから、紫外線対策で解決させようと決めつける方も少なくないでしょう。しかし、シミの中には紫外線以外の原因から引き起こされているものも存在しているのです。

あなたが今悩んでいるシミは、どのような種類なのでしょうか?その根本的な原因を理解する事で、適切なケアが行えます。スムーズなシミ解決を目指しましょう。

炎症性色素沈着は、シミというよりも傷跡に近いかもしれません。ニキビや虫さされと言った肌トラブルが茶色っぽくお肌に残ってしまうシミの事を指します。シミと言えばその原因として多くの方が紫外線に寄るダメージを連想するかもしれません。

しかし、炎症性色素沈着は傷や炎症が元となる原因です。そもそも、はじめに出来た肌トラブル(ニキビ・かぶれ・虫さされ など)の深刻化を防げば食い止める事が可能なシミではあるのですが、繰り返し同じ場所に出来るニキビやアトピー性皮膚炎など、慢性的にダメージを受け続けている場合はどうしてもその場所に傷跡が残り、そしてシミとなってしまう事があるのです。

一見すれば、見た目は紫外線が原因となる老人性色素斑と良く似ています。しかし原因もケアの方法もまるで異なるシミですので、その正体を早く突き止める事がスムーズなシミ解決のポイントとなってくるでしょう。

上に書きました通り、シミが出来る場所が繰り返しニキビやアトピーのでる位置と同じだったり、季節の変わり目や化粧品を変える事によって敏感に肌が荒れてシミのような跡が残った場合は、この炎症性色素沈着である可能性が高いと言っても良いでしょう。

また、普段は衣類で隠れていて、紫外線によるダメージの少ない位置であるにもかかわらずシミが出来てしまった場合は、服や下着の摩擦によって色素沈着ができたと考えられます。

色素沈着の効果的な解決策としては、ピーリングをお勧めします。また、治療・予防、どちらの観点から見てみても、美肌化粧品は有効な解決策だと言われています。基本的に傷跡ですので、時間の経過ととも薄くなっていく事もあるでしょう。お肌への刺激を最小限に抑えつつ、正しいスキンケア方法を継続してみて下さい。

↑ PAGE TOP