肝斑の原因や解消法とは?

肝斑のシミ

シミやソバカスに頭を抱える女性は少なくありません。ファンデーションやコーンシーラーでごまかす事は出来るでしょうが、やはり誰でも悩みのないスッピンに憧れるものです。「シミ」と一口に言っても、実は様々な種類が存在している事をご存知でしょうか?

今、あなた自身がお悩みのシミ・・・その種類を特定する事で、シミの根本的な原因を突き止め、適切なケアに繋げる事が出来るかもしれません。ここでは、近年耳にする事の増えた肝斑というシミについて説明します。

テレビCMで一躍有名になった「肝斑(かんぱん)」というシミ。原因としては、女性ホルモンの乱れだと言われています。一般的に考えられがちなシミの種類・原因とは大きく異なる事が多く、いくら熱心にシミケアを行っても一向に消える気配がない・・・といったケースも存在しています。

今までに知っていたシミに対する知識や常識とはまるで違う肝斑ですので、正しく理解し適切なスキンケア方法を知る事が解決の鍵となるでしょう。肝斑が出来る位置は、目の下から頬骨のあたりで、左右対称に現れるといわれています。

ケースによっては、額や鼻の下などに発生する事もあるようです。肝斑という名前から、肝臓や臓器に根本的な原因があるとイメージされがちですが、じつはシミの色が肝臓の色に似ている事から付けられた名前だと言われており、本当の原因はホルモンバランスの乱れです。

肝斑の解決方法として、絶対にしては行けない手段はレーザー治療です。レーザー治療によってかえって悪化してしまう事もありますので注意してください。肝斑は美白化粧品や治療薬が効果的であるといわれていますので、「自分のシミは肝斑なのか?」確認してからシミ治療に臨まなくてはなりません。

肝斑は、妊娠や更年期、またピルの服用によって引き起こされるシミであって、紫外線によって引き起こされるシミではないと考えられていますが、紫外線が全くの無関係というわけではありませんので、紫外線対策も十分に行うべきと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP